直観・記憶・叡智

実体験は遺伝子に刻まれた記憶のコード。

直観・記憶・叡智

保護中: ③記憶の欠損を修復する「修正プログラム」の発動 その3(限定公開)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。 パスワード:
直観・記憶・叡智

日本人がすべきことは「普通の人」に戻ること。

日本人はもともと霊性の発達した民族なので家族と内在神から信頼されていました。家族と内在神の両方から信頼された状態が本来の日本人=普通の人なのです。
直観・記憶・叡智

魂の生まれ変わりを証明するための知恵とは(仁徳・継体天皇編)

仁徳天皇は男大迹王に生まれ変わっても国土開発、衣食住農水産業に携わり、人びとを幸せにしていたのです。このように人は誰しも本来は過去世の記憶を持っており、その記憶を取り戻せば当時携わっていた事業に取り組み、それを完成させようとするのです。
直観・記憶・叡智

ひふみのしくみブログは霊的生命秩序の法則を伝えてまいります。

霊的生命秩序の法則を正しく知るために、古代の歴史と霊的法則を長髄彦=瀬織津姫に従い、封じられた歴史を表に出して、なぜ日本は神の国なのか、なぜ天皇がいるのかを理論(セオリー)に沿って書いてまいります。
直観・記憶・叡智

師匠から弟子へ継承したこと

いつの時代も師匠はもっとも肝心なことを言葉で教えることはせず、弟子の成熟度によって受け取れるだけの情報を受け取らせたのです。それは決して技術的なことや知識ではなく、それらはあくまでも本質にたどり着くための手段にすぎず、人間の根本に根差した叡智を体得させることが真の目的だったのです。
直観・記憶・叡智

本質がわかれば執着が消える

人間という形態は動物では体験できない感情と自我をもたされている。これを味わい尽くしてきました。十分に味わい尽くして満足したら、今度は感情と自我を離れる段階へ進んでいくわけです。