女たちよ命を守れ

命を生み出す女性が守るべきは命

女たちよ命を守れ

母なる大地は命を生み出す源。縄文の女たちの思いはいつも同じ。

仁徳天皇の国づくりとは、子孫繁栄と人格形成、つまり人づくりです。それは肉体に刻まれた種(魂の計画)を発芽させることだったのです。民が魂の計画通りに発芽すれば、神が計画した世界の具現化することになります。民が子々孫々するたびに全体の底上げに寄与します。