日本人がすべきことは「普通の人」に戻ること。

直観・記憶・叡智

宗教なき時代は
自然界の法則だけが存在し、
人間は法則に従って生きていました。
その頃が大調和を1万年続いた
縄文の清らかな時代です。

やがて地球の回転周期が
闇の周期に入るとともに
外宇宙から渡来した入植者が
幽界を作って棲みつきました。

幽界は悪魔の住処です。
悪魔は自我そのものなので
地球を自我意識に染めなければ
生息することができません。
そのため悪魔は
人間の意識にはなかった
恐怖、不安、分離、嫉妬心を
植え付けました。
これらは宇宙と分離した
自我意識なのです。

自我意識とは
分離意識、負の感情、固定観念、
概念、偏見、知識、常識、先入観
などの刷り込まれた意識のこと。


自我意識に染まった人間は
苦しみから逃れようと
神に救いを求めました。
悪魔は宗教を作って
神になりすまし、
人間に崇めさせ捧げさせて
迷いの世界に閉じ込めたのです。


迷いの世界には
地獄の概念があります。
概念の世界を信じた者は
自我意識に染まっているので
霊的な本質を見落としたまま
原因と結果を繰り返してしまいます。

人生をやり直すために転生しても
自我意識に染まってしまうため、
同じ過ちを繰り返してしまうのです。
人間の愚かさを知った悪魔は
人間を家畜とみなして
食い物にしてきたのです。

宗教は時代ごとに形を変えて、
弱った人間の心に入り込みます。
現代の新興宗教は
スピリチュアル系の類です。
目覚め始めた人間を
誘導して閉じ込めるために
「あなたは特別な人です」
といって人間を引き寄せるのです。
人間の自我を満足させる文言に
だまされてはなりません。


地球人に生まれてきた以上は
エゴの第一段階のレベルです。
特別であるとするならば
エゴのエキスパートということです。
地球人はまだまだ未熟なのです。
だからこそ自分の未熟さを知らないと
「あなたは特別な人」
といったサギ文句に
引っかかってしまいます。
愛とか調和とかの
集団に入ったりすると
家族はこう思うでしょう。
「変な宗教にはまったか!」と。


エゴにも段階がありまして、
目に見えるエゴと
目に見えないエゴがあります。
目に見えないエゴは
自分でも気が付かないエゴです。
このレベルのエゴは
自我意識の人には全くわかりませんが
自我なき人間には見えているのです。
それも進化の途上ですから
誰もが通る道なのです。

螺旋階段


わたしは今まで
スピリチュアルな人が集まった
グループを見てきましたが、
あの独特な雰囲気がとても苦手です。
仲間に入るよう誘われても
丁重に断り続けてきました。


わたしは普通の人が
いちばんいいと思っています。
その人の意識の在り方は
人間性にあらわれます。
人間性が風変りだったり
特別さがあるうちは
不完全なのです。


特別さがなく角がとれて
まあるく整った状態が
人間性の完成された状態です。
円満な人間性になれば
普通の人になるのです。

星田妙見宮


人間性が養われると
自分に置かれた環境下で
自分に与えられた仕事を
淡々とこなすことができるので
特別さを求めることはありません。

特別な能力を得ようとする人ほど、
足元の課題をおざなりにしています。
エゴはとても巧妙なので
保身のために偽装しますが
その人の足元を見れば
人間性がわかってしまいます。

自分の立ち位置を自覚して
自分を客観的に見る目が養われば
普通の人に近づいていきます。

普通の人になるまでの道のりは
右往左往、紆余曲折を経ますが
足元から地道に進むしかないと
気づいてからがスタートです。
これまで生きた先哲はみな、
その道のりを通ってきたのです。


地球人よりもはるかに進化した
宇宙人は星の数ほどいますが
宇宙人もいろいろいます。
だまされやすい日本人は
特に気をつけなければなりません。

見えない世界は
内側と外側があります。
見えない世界の外側にいるのが
宇宙人です。
見えない世界の内側にいるのが
自分の中の神(内在神)です。

内在神には階層があり、
もっとも低いところで
自分をサポートして下さるのが
元人間の守護霊です。


守護霊は先祖であることが多く
生まれる前から
自分のことを知っているので、
自分のことはすべてお見通しです。

守護霊は
人間と高次領域との取次役なので
人間の成長度に合わせて
内在神とつないでくれるのです。

高次領域(神界)の存在は
自分と血縁・地縁があるので
自分のことも地球のことも
いちばんよく知っているのです。


一方、宇宙人は
地球に転生した体験がなければ
地球人のことはわかりません。
地球のルールもわかりません。
そのためつながるべき相手は
宇宙人よりも内在の神です。

ただし
内在神とつながるには
自我を滅却しなければなりません。
内在神は
自分の思い、言葉、行動の
すべてを厳しい目で見ています。

足元のことを地道にやっていれば
家族から
「変な宗教に入ったのか?」
と思われることもありません。

家族と内在神の
両方から信頼された状態が
本来の日本人=普通の人です。


日本人はもともと
霊性の発達した民族なので
家族と内在神から
信頼されていました。

日本人の無宗教は
世界的には異端のようですが、
もともと内在神と
つながっているのですから
宗教を必要としないのです。

外国人が宗教を信仰するのは
自我が強く
霊性が未熟であるために、
内在神とつながりにくいからと
思われます。

けれども
外国で生じた宗教の開祖はみな、
日本に学びに来て
悟りを開いたのですから、
どんな宗教も根本は
日本の太陽信仰なのです。


太陽信仰を捻じ曲げて
宗教にしたのは悪魔なのです。

大神神社


かつての日本人はみな、
宗教の開祖レベルだったのです。
それほど日本人は
霊性の高い民族だったのです。
しかし日本人が
あまりにも堕落してしまったために
今の日本はこの有様なのです。

日本をよくしたいのなら、
本来の日本人に戻ること。
普通の人として生きること。


道理に逆らった言動の人、
口の立つ人や目立つ人、
自己主張の強い人は
普通の人ではありませんよ。
霊性が未熟な人物に
日本をゆだねてはなりません。

日本をよくしたいなら、
自分が普通の人になることです。


日本人がみな普通の人になれば
世の中はおのずと良くなるのです。


続きます。

限定公開記事はパスワードの申請をお願いします。(第十回専用パスワードもこちらから。)

ひふみのしくみをYouTubeに詰め込みました。

ブログ主が作った日本古来の次世代型ハミガキ

すみわたるきれいお取扱店様

直観・記憶・叡智
ひふみのしくみをシェアする
ひふみのしくみをフォローする
タイトルとURLをコピーしました